会計力があれば、こんなに違う!

最近急上昇のキーワード、下記サイトが手軽で便利です

参考書なるものは一冊か二冊で良い

会計学を勉強する人、単に興味とかそういったので勉強している人は少ないでしょう。

多分、会社の仕事で必要に迫られてか、あるいは大志を抱いて難関資格である公認会計士・税理士などの国家資格に挑戦するためかも知れない。

お勧めの本、テキストの種類ですが、そういったものを目指している人に私ごとき経験の無いものがアドバイスをするなんて僭越の極みだと思う。

ですが、私も会計関係の試験は受けていませんが、他の資格試験ではやはり参考書、問題集を買って勉強したものですので、ある意味応用は効くかと思うので申し上げると、参考書なるものはある意味一冊か二冊で良いでしょう。

特に会計関係の資格に限ったことではないですが、資格を取るにはやはり「試験」があるわけでして、勢力を傾けるべきは過去に出された問題集というか、所謂カ過去問集でしょう。

出来れば5年分くらい過去にさかのぼって、実際の問題と向き合うって勉強を多くした方が実践向き。

参考書で知識を詰め込んでも、試験でその知識を試されるって場合、かなり嫌らしく、間違えるような問題の出し方をしてくる場合がありますからね。

管理人のオススメサイトをご紹介します

Copyright (C)2017会計力があれば、こんなに違う!.All rights reserved.